多様な学びを考える「じぶんのことば」上映会&ワークショップ開催レポート

2019年11月9日(土)18:30〜@豊田市にて多様な学びを考える〜「じぶんのことば」上映会&ワークショップを開催いたしました。

今回取り上げたのは「じぶんのことば」という作品。

「子どもたちが自分の言葉を掴む、自分の言葉にたどり着く、自分の言葉と向き合う物語」

公募で集まった小学4年〜中学生の子どもたちが、3ヶ月の舞台づくりを通して自分の考えを深め、内なる言葉と向き合い、表現する姿を追ったドキュメンタリーです。

上映会には、フリースクールなど、多様な学びを愛知で実施されている方々や現役の中学生など、様々な立場の方14名に参加いただきました。

上映後は、現代アーティストとして創造性教育を提供されている水谷イズル様より、今の教育に欠けていること、これからの社会で求められることについて、創造性教育という観点から講演いただきました。

会終了後も、参加者間のトークが止まらず、場所を変えての懇談会にも多くの方にご参加いただきました。愛知の皆様の教育への熱や、様々な取り組みを知る良い機会となりました!

<参加者の皆様のコメント抜粋>

  • 「ありのままを受け入れる」環境が大切だなとあたらめて感じた。
  • 「正解はない」というキーワード。自分の思う方向として、間違っていなかった、と強く感じました。
  • 学校では難しいかもしれないが、同じような取り組みをやってみたい!
  • 映画は勿論ですが、こうやって同じ思いを持つ素晴らしい方々と出会えて、語れたのがとても素敵な機会でした。(一緒に参加した)子どもにも今日の話を聞かせられて本当に良かった。

同じような機会をまた是非、というお言葉も沢山いただきました。また是非開催をしていきたいと思います。ご参加下さいました方、ありがとうございました!

↓↓↓映画「じぶんのことば」についてはこちら↓↓↓

じぶんのことばHP