【満員御礼】【緊急イベント】壁をぶち破ろう。実践者にきく学校のオンライン化の進め方

【緊急イベント】5月30日21時スタート。
〜壁をぶち破ろう。実践者にきく学校のオンライン化の進め方〜

 

実践者にきく!学校オンライン化の進め方

※教員の役割がシフトしていく今、教員に求められるスキルとして注目の【コーチング 】体験会も同時開催します!
※ボタンを押しただけでは参加になりません。申し込みフォームへのご記入をお願いします。
申し込みフォーム:https://forms.gle/33iHx1Uj9SQfw5aHA


2020年、教育の転換期が一気に押し寄せてきました。近いうちに転換期がやってくるーーそんなふうに感じていた方はいたとしても、こんなにも一気に押し寄せてくるとは予想だにしなかったのではないでしょうか。

日本の学校におけるICT使用率はOECD最下位。そんな現実の中、学校現場でのオンライン化ニーズは急速に高まり、ホットワードになっています。一方で、オンライン化を進めようにも、色んな規制や同僚の抵抗、教員のICTリテラシーの問題など、さまざまな理由で進められないという声が多く聞こえてきます。オンライン化の導入に代表されるように、休校期間中の学校のあり方によって教育格差が拡大しつつある現状に、我々は懸念を抱いています。コロナの収束には時間がかかると予測されており、今後も第二波、第三波がくることを想定した学校運営を考えていかねばなりません。

そこで今回、緊急事態宣言を機に学校現場のオンライン化を推し進めてきた教員の方々にご登壇いただくことになりました。

第一部では、「オンライン化の導入にあたり、どうやって壁を乗り越えたのか?どうやって周囲を巻き込んだのか?」という事例をご紹介いただきます。
第ニ部では、オンライン双方向授業を実践されている先生方に、オンライン授業の可能性についてお話いただきます。
第三部では、登壇者と参加者の座談会を開催します。リスクフリーの場で、ざっくばらんにお話ができればと思います。
第四部では、教員の役割がシフトしていくなかで必要となる「コーチングスキルの育て方」について、HALOMY LABのプロコーチ三浦氏、山嵜氏によるコーチング体験会を開催します。


主催:一般社団法人 HALOMY
日程:5/30(土)21:00〜22:30
定員:15名
参加費:無料

登壇者
・森川大地さん(埼玉県立浦和高校/一般社団法人HALOMY)
・藤原亮治さん(筑波大学附属坂戸高校)
・大松有香さん(京都市立大宅小学校)
・菅野治虫さん(埼玉県立浦和高校)
・三浦良真さん(一般社団法人HALOMY 理事)
ファシリテーター:碓井梨恵(一般社団法人HALOMY代表)

<スクリプト>
第1部「学校オンライン化への取り組み紹介とオンライン時代の教員の役割とは?」
第2部「オンラインでの授業実践の実態」
第3部「座談会」
第4部「エデュケーショナルコーチングミニマム体験会」

<登壇者を簡単にご紹介!>
●大松有香さん
京都市立大宅小学校1年生を担任。情報教育主任。NPO法人まなあそび代表理事。
職人気質の先生が多く、変化を嫌う風土がICT導入にとって大きなハードルとなっています。それを越えようと、日々、努力を重ねています。

●藤原亮治さん
高校保健体育教員19年目(短大講師含)。保体のもつ豊かな学習性の具体化と体育教員の意識改革実現に力を入れる。オンライン学習環境化が教員(特に保体)のマインドセット変革のきっかけになることを期待しています。

●菅野治虫さん
高校生物教員歴18年。現任校勤務4年。教育という複雑なシステムの中で、学びの場づくりを試行錯誤しながら奮闘中。オンライン化に伴い、手段は変われど、目的は変わらず。その途中経過をお伝えします。

●森川大地さん
埼玉県立浦和高校国語科。小・中・高・定時制高校を経て現任校。教員13年目。どの立場にいても子どもが学べる環境を整えていくのは同じ。オンライン化も同じだと思っています。

●三浦良真さん
地方自治体職員→コンサルティング会社でのマネジメント→スタートアップ企業でのマネジメントを歴任。
コーチングを分かりやすく誰もが使える簡単なコミュニケーションツールとして伝える工夫をしています!