これからの時代を幸せに生きるためのヒント

大学入試改革への対応について、「マインドセットの変更が大切である」「大人たちが子どもを見る着眼点を変える必要がある」というコラムを掲載しました。

では、具体的にどのようにして子どもたちに関わっていけば良いのでしょうか?
私たちHALOMYメンバーが”教育に携わる方々”と会話を繰り返すなかで、「関わり方のヒント」が見えてきました。

シリーズ一覧

目次

いますぐできる一歩目とは?

では、私たち大人が具体的にいますぐできる一歩目は、どんなことがあるのでしょうか。

ここまで読んでいただき、様々な方法を思いついた方も多いと思いますが、私たちHALOMYが思う一歩目を一つ最後にご紹介したいと思います。

それは、

「子どもがなぜ今、何を求めて大学受験をするのか、どうやって大学を選ぶのか、を改めてお互いに話してみて、調べてみて、子ども自身で判断軸を決めるサポートをする。」

ということです。

自分を振り返ってみてもそうですが、「高校3年生の時期となり、皆が受験をするから」という緩い空気感でなんとなく受験をする、という人も多いことと思います。

私も、大学に入れば、そしてそれが偏差値の高い大学であればある程、将来就職の時も良い選択肢が増えるだろう、そんな思いも少なからずもって受験校を選択していました。選択した、というより、その方向になんとなく流れていた、という表現が正しいかもしれないです。

しかし、現在、「将来就職の時に、良い職業につくための選択肢を増やす」というのを大学受験の目的にしたとしたら、選択軸を偏差値だけに置くでしょうか?

良い職業とは何か?

例えば、「良い職業につくための選択肢」という条件を仮に、高収入、と読み替えてみましょう。

下のグラフに示す様に、世界規模の観点からみると、日本は賃金上昇率で先進国内では一人負けの状況にあります。

 

出典:実質賃金指数の推移の国際比較(全国労働組合総連合)

高収入を求めるのであれば、日本の受験に力を注いで、日本の大学入学⇒企業就職を目指す、という選択肢自体が悪手となります。受験制度の変更対応に必死になる、ということは4年間、数百万という資産をつぎ込んで、リターンの少ない資産を購入することに一生懸命になるようなものです。

「日本の大学入試は、長い行列を作って、不良債権を売っているお店への入店の順番待ちをしているみたいに見える」と、ある社会教育研究家は語っています。

もし高収入を求めるのであれば、「国内の偏差値」、ではなく、「世界水準での賃金体系が選択できるスキル(語学/その他の専門的知見)」が学べ、「学習面や費用、生活面で現実的に受験/受講が可能そう」というのが選択軸になることでしょう。海外大学の受験を推奨する「国外逃亡塾」を連載している白川寧々氏によると、この条件を満たす大学は東欧含め複数存在する、といいます。

このコラムでは、海外受験を推奨するものではありません。

良い職業は個々によって異なるものです。私たちHALOMYが勧めるのは、一度考えて、対話して、偏差値軸ではない自分の選択軸を決める機会をつくる(そういった環境を用意してあげる)ことです。

自分の選択軸を自分で決めるという自己決定こそが、幸せにつながるのです。

自己決定が幸せへの一歩

神戸大 和雄特命教授らが国内約2万人にアンケートを行った結果、「所得」や「学歴」より「自己決定」が幸福度を上げることを明らかにしています。「自己決定」は「健康」や「人間関係」に次いで幸福度に影響を与えていて、「所得」と比較すると、約1.4倍の強い影響がありました。また、「所得」(世帯年収)については、増加するにつれて幸福度も高まりますが、1100万円を境に上昇率が下がるという結果になりました。この結果から、高収入=幸せではないと言えるでしょう。一方で、影響が大きいと思われがちな「学歴」は、数値が低すぎるため統計的に有意な結果はでませんでした。

出典:「幸福感と自己決定」西村氏ほか(2018)

改めて、子どもたち自身が、「自分が将来何を求めていて」「何のために大学にいくのか」をちゃんと一度考え、調べ、大人たちと対話してみた上で受験に対するマインドを決めてみてはどうでしょうか。その姿次第では、選択軸がやっぱり偏差値、であることもあるでしょう。もし、それが、「グロースマインドの取得」というものであったら…。また違う選択軸が見えてくるかもしれません。

 →グロースマインドについて:【大切なことはただ1つ】大学入試改革への対応方法

一歩目のためにできること

そして、子どもたちがちゃんと一度考えよう、としたときに、大人ができることはなにでしょうか?


子どもの意思決定を支える”大人”として1つ忘れないようにしたいことがあります。


それは未来を生きるこどもたちを過去にしばりつけてはいけない」ということです。 今は変化のスピードが速く、ほんの3年先も予想が出来ない時代です。我々が育ち働いてきた時代よりもはるかに複雑で多様性があります。すなわち”選択肢”が多いのです。


「良い大学に入り大手企業に就職する」も選択肢ですし「小さいけど世界を変えようとするスタートアップ」に入るも「Youtuber」になるも選択肢です。
”どの”選択肢を選ぶのか?ではなく、「なぜ」その選択肢を選びたいと思っているのかを子どもと話してみてください。


きっと子どもの話す言葉は拙いものです。自分の想いをなかなか言葉に出来ないかもしれません。だからこそ、サポートする大人がゆっくりと時間をかけて「理解しようと努める」ことが必要なのではないでしょうか?


考える手助けをする、決める手助けをする、ということは実はとても難しいことです。考えるために今不足している情報は何か?それはどうやったら手に入るのか?を一緒に考えるのは勿論、考えて、対話をしようとしたときに、一緒に悩んで、意見交換できる関係性はできているか?今まで見ていたものとは異なる価値観や世界を一緒に探して見てみよう、というメンタルモデルになっているか?そんなところから一歩目を探してみるのはいかがでしょうか。


自分たちの基準で決めた、受験に対する様々なスタンスをもつ子どもたちに溢れている社会の実現を、私たちも自分たちの取り組みを微力ながら進めていきたいと思っています。


もしこのコラムをきっかけに、なにか自分の選択軸を決めた方がいれば、とてもうれしく思いますし、ぜひどこかの機会でその選択について、一緒に語ってみたいと思います。

参考:白川寧々.ねねみそ国外逃亡塾. https://gotcha.alc.co.jp/entry/20191010-nenemiso1

 文責:竹之下 倫志